Currently browsing category

交通

【プロジェクトで取り組む課題・テーマ】
このプロジェクトでは、認知症の方の外出の実態調査やバス・鉄道会社等と連携を行い、より安全に安心して利用できる方法について探っていきます。踏切事故や自動車の運転事故が社会問題になっていますが、安全対策として免許返納や一人での外出の制限など必ずしもすみやすい環境になっているとはいえません。このプロジェクトでは、認知症になっても安全に外出ができる社会を目指して以下を推進していきます。

①当事者の困った場面の意見を集約する
②様々なセクターと共に解決方法を探る
③状況別のアイデア集を冊子にまとめる

【プロジェクト代表者】
前田亮一(法政大学大学院CSR研究所)
吉田雄一(株式会社リゾートケアハウス蓼科)

【メンバー(随時追加予定)】
前田亮一(ビーンズ地域総合ケアセンター)、松原淳(交通エコロジーモビリティ財団)、横須賀道夫(花王)、吉田雄一(リゾートケアハウス蓼科)、徳田雄人(スマートエイジング)、河上崇陽(マルホ)、牛尾容子(老健ゆうゆうの園)

【主な活動履歴】
2016年02月 当事者ヒアリングセッション
2016年03月 交通機関利用のまとめ
2016年06月 エコモ「認知症者の交通機関対応マニュアル作成ワーキング」メンバー
2016年09月 DFJS「認知症にやさしい交通の指標」セッション
2016年10月 東広島市バス会社への認知症サポーター養成講座調査
2016年12月 京都市岩倉地区でのSOSネットワーク訓練参加
2017年02月 金沢市『やさしい街のデザイン塾』〜認知症の課題を行政・企業・市民の立場で考える〜 発表
2017年02月 伊勢原市「東海大学2016年度認知症研修会 認知症と社会の在り方」〜」発表

【活動計画】
2017年04月 ADI2017国際会議 ポスター発表
2017年04月 DFJI交通プロジェクト・ワークショップ(京都)
2017年04月 国際セミナー「認知症にやさしい交通機関に向けて~スコットランドの事例~」(品川)
2017年10月 認知症にやさしい交通アクションマップ作成

【DFJI連絡窓口】
前田亮一 heyryo1[at]gmail.com