DFJS2019 開催!

第6回認知症フレンドリージャパン・サミット(Dementia Friendly Japan Summit 2019: DFJS2019)を開催します。

認知症フレンドリージャパン・サミット(DFJS)とは、当事者・家族・自治体・企業・NPOなどさまざまな立場の人が一同に会し、対話型のワークショップを通して、誰もが普通に暮らせる社会の設計を考えていくイベントです。

認知症フレンドリージャパン・サミット(DFJS)では、さまざまなテーマ、視点からたくさんのことが話されます。DFJSは、ワークショップを中心として参加者全員で認知症に関することを多面的に話し合う場だからです。きっと、それぞれの地域での活動につながるヒントが得られるはずです。介護・福祉関係者だけでなく、企業関係者や研究者、行政関係者、市民・住民が一緒になり、立場を超えた活動に結び付ける良い機会です。気軽にワークショップに参加し、多くの人と様々な意見を交わしてください。認知症フレンドリージャパン・サミット(DFJS)では、すでに生まれた成果を共有することよりも、まだもやもやしていても、これからにつながる一歩を生み出すことを大切にしています。

主催する認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI)は、2013年11月6日に発足しました。 認知症をとりまく課題を、医療や介護の枠組みの中だけで考えるのではなく、社会のデザインの問題と捉え、私たちの暮らし方を規定している企業・自治体・NPOなど様々なセクターから人が集まり、知恵を出し、実験をしながら、よりよい未来を作って行くことを目的にしたネットワークです。

申込URL: https://dfjs2019.peatix.com/

1. 日程:2019年8月31日(土) – 9月1日(日)
2. 時間:
 8月31日(金):9:30 – 19:30(開場 9:00)、
 9月01日(土):9:20 – 17:30(開場 9:00)
 ※開始時刻・終了時刻に変更があれば随時修正
3. 会場:京都橘大学(京都府京都市山科区大宅山田34)
 アクセス:https://www.tachibana-u.ac.jp/about/campus/access.html
 ※会場詳細は改めて追記
5. 参加費:3,000円(※両日参加、1日のみの参加の区別はありません)
 ※セッション・オーナー/スタッフ、DFJIボランティアスタッフはコード認証による割引あり
6. 主催:認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI:Dementia Friendly Japan Initiative)
 共催:京都橘大学
 協賛:同志社大学、大阪大学、コクヨ株式会社、SOMPOケア株式会社、ほか
 後援:公益社団法人 認知症の人と家族の会、 京都府(予定)
7. プログラム:まもなく公開・今年もユニークなセッションが多数企画されています
 ※プログラムが確定したら改めてご連絡させていただきます。
 ※下記は昨年のDFJS2018のものです。ご参考にしてください。
 [pdf版] http://www.dementia-friendly-japan.jp/wp-content/uploads/2018/08/DFJS2018-brochure.pdf
 [簡易:Web版] https://peraichi.com/landing_pages/view/dfjs2018
8. DFJS2019における写真撮影に関して
 DFJI2019では、「認知症にやさしい社会」への動きを加速させるために会場での様子をスタッフが写真撮影し、個人情報に配慮しつつSNS等で利用させていただきます。上記、ご了承の上、お申込みください。
9. プレイベント:
 日時:2018年8月30日(金)17:30 (開場17:00) – 19:00
 会場:同志社大学寒梅館
 内容:プレイベント+ネットワークセッション
 主催:同志社大学
 共催:京都橘大学、認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ
 詳細:検討中
10. お問い合わせ先
 Peatix経由、または下記メールアドレスからより。
 [at]を@に変更:info.dfji[at]gmail.com
 認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ事務局 岡田