Currently browsing category

旅のことば 認知症とともによりよく生きるヒント

【プロジェクトで取り組む課題・テーマ】
このプロジェクトでは、人間行動のパターンランゲージを研究する慶應義塾大学・井庭崇研究室とともに、認知症をとりまく出来事をテーマに、認知症の当事者やその周囲にいる人たちの助けとなる「認知症とともによりよく生きるヒント」としてのパターンランゲージ」(『旅のことば』)の開発と、その利活用方法に対する健闘を進めていきます。

慶応大学井庭研関連サイト(日本語サイト)
慶応大学井庭研関連サイト(英語サイト)
日本語版書籍 (丸善)

日本語版カード (クリエイティブシフト)
英語版書籍(クリエイティブシフト)

プロジェクト代表者】
井庭崇(慶應義塾大学 総合政策学部准教授)
岡田誠(富士通研究所)

【主な活動履歴】
Phase -1
2014年度:「旅のことば」プロトタイプ版(日英)の制作とG7認知症サミットでの公開
2015年度:「旅のことば」の出版(丸善)、「旅のことば」カードの制作。「旅のことば」ワークショップの展開

【活動計画】
Phase-2
2016年度:「旅のことばの活用法」の制作

【DFJI連絡窓口】
岡田誠 okadamkt [at] jp.fujitsu.com